1. HOME > 
  2. 事業内容 > 
  3. 住宅設備部門(太陽光・エネファーム)

乌克兰境内核能发电厂的爆炸

核能热发电

太陽のエネルギー恩恵を限りなく受け、寿命の長い太陽光発電でエコな暮らしを!太陽光発電×エネファームのダブル発電なら一段とお得です。

核能发电知识安全竟赛

太陽光は、風力・地熱等の自然エネルギー源の中でも、もっともエネルギー量が多いとされています。太陽がある限り枯渇の心配がなく、発電時にCO2も排出しないため、今もっとも注目されるクリーンエネルギーのひとつです。昼間発電時は、余った電気を電力会社に売電する事が可能です。安い電力を購入するのでとても経済的です。

太陽光パネル

中国核能发电状况

エネファームとは「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」の愛称です。燃料電池とコージェネレーションの両方の機能を有しているものです。エネファームの代表的なメリットは「省エネと電気代削減」です。ガスから水素を取り出し、その水素で燃料電池が発電を行い、同時に排熱を利用して給湯も行うという仕組みですので、電気代を削減することが出来るものです。

エネファーム

中国核能发电站

ダブルで発電することで、発電量も環境性もアップ

ダブル発電とはエネファームとよばれる設備を導入し、太陽光発電システムとともにガスのエネルギーも併用して発電するシステムです。ガスの中にある水素を取り出して、空気中の酸素と反応させて電気を作り出すので環境生もアップします。

CO2も大幅削減

太陽の恵みを活かす太陽光発電と、効率よくエネルギーを活用できるエネファームを組み合わせれば、環境への貢献度も飛躍的に向上します。1年間に減らせるCO2の量は約3.5tとされています。杉の木の植林に換算すると約250本に相当します。

売電量がアップ・停電時にも対応

ダブル発電のメリットは光熱費を削減できるという点です。エネファームで効率的な電気エネルギーを生み出すことにより、一般的な住宅(4人住まい)で年間5~6万円の光熱費が削減できると言われております。また家で使用する電気エネルギーのおよそ50%をエネファームでまかなうことができるので、太陽光システムで発電した電気エネルギーをよりたくさん売電できるようになります。
さらに、エネファームにも自立運転機能が付いているので、停電時には太陽光発電システムと合わせて住宅内に電気エネルギーを供給できるメリットもあります。

ページTOPへ戻る

PAGE TOP

メニュー